読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬塚つむぎとブリッコ三竦み

f:id:mogitate_24:20160921054815j:plain:w300

甘々と稲妻、みてますか。

つむぎちゃん、可愛い。

可愛いけど、イライラする…なんとなくイライラするのです。

たぶん彼女、今世紀(今期)最強のブリッコだから。

 

とはいえ、わたしもブリッコです。リボンとかレースとか大好きです。

「ブリッコの代名詞」的なレッテルワードはすべて頂いてまいりました。

 

中学時代、天然。

高校時代、不思議ちゃん。

社会に出たら森ガール(死語)。そして電波。

あれ?これディスられてるんじゃないか。KYとも言われたことがある。

飲み会で初対面の男性から開口一番「お前みたいな女が一番嫌い」と罵られた、しょっぱい思い出がよみがえります。今年の1月のことです。死にたいなぁ。

 

閑話休題。いわゆるブリッコと呼ばれる女性には、3パターンあると分析しています。

・無知

・天然

・少女趣味

この3つです。

 

無知というのは一番男性受けのいいブリッコで、非力アピールなんかもここに含まれます。下戸とか。言ってしまえばつむぎちゃん系の、あざといやつです。

天然は逆に女性に受けます。例えるなら東京フレンドパークに宝塚出身の女優が出演している時のようなイメージでしょうか。もしくは専業主婦のお母さん。

最後の少女趣味、これは男女ともに好まれません。たいていは宇宙人のような扱いを受けます。

 

 

無知キャラを続けられる女性は賢く冷静です。どうすれば他人が自分のために動いてくれるかを理解し、把握し、損得勘定で時には己の知識も努力も捨てられる、頭脳派の手合いです。

 

天然キャラを全うできる女性は強いです。すべてを「あらあらうふふ」で黙殺できる圧倒的オーラが求められます。

自分を磨き、評価を高め、無礼なやつらは笑顔で殴る、努力の人です。

 

少女趣味、これはどうしようもありません。可愛いから、好きだから、そんなエピキュリアン的思考で場の空気をかき乱す、わたしたちはシンゴジラです。

 

 

お察しの通り、わたしは少女趣味タイプのブリッコです。

だからこそ、2016年夏アニメ無知キャラ代表のようなつむぎちゃんが苦手なのです。

正確にはつむぎちゃんが苦手なのではなく、つむぎちゃんというキャラクターの背後から追いかけてくる、今までに知り合った無知ブリッコが思い出されて辛いのです。

無知ブリッコに相まみえた際の、敗北の記憶。 

 

彼女たちは自分の趣味を蔑まれても「もー!」で済ませます。

ダサい、おかしい、と笑われたときに「ひどーい!!」と受け入れます。

なぜ耐えられるのか、なぜ許せるのか。

わたしならベッドサイドのテディベアに石を詰めて頭を殴ります。

ウエストのリボンをほどいて頸動脈を絞めたくなります。

自分を折って相手を立てられる、その余裕がうらやましい。

 

自己嫌悪になってまいりました。

わたしは欲望に忠実なので、フリルのブラウスを着ていても飲み会では生ビールのジョッキを手放さないのですが、出来る事ならカシスオレンジを片手に頬を染められる、そんな女の子になりたかった。

そっちの方が可愛いもの。 

 

でもつむぎちゃん将来絶対、生ジョッキ何杯も開ける感じですよね。

おゆうぎ会でもめちゃめちゃ喧嘩してたし。

なんなんだ、わたしは。つむぎちゃんごめんね。

 

おやすみなさい。